シアリスお買い得通販

シアリスは通販を利用すれば格安のジェネリックを簡単に購入する事ができます。タダシップ、タダリフトなどが人気です。

シアリスのジェネリック

シアリスのジェネリック

医薬品には新薬と後発薬が存在します。新薬とは先発薬とも言われ製薬会社が1から有効な成分の開発を行い販売したものです。後発薬はジェネリック医薬品と呼ばれ新薬の有効成分をもとに他の製薬会社が開発し販売しているものです。

海外ではシアリスのジェネリックは多数開発販売されており通販で購入することができます。このページではシアリスのジェネリックについてご紹介していきたいと思います。

タダシップ

タダシップ

タダシップはシアリスのジェネリックの中でも非常に人気の高い医薬品です。インドのシプラ社が開発販売したものなのですが、シプラ社はジェネリック医薬品に特化しておりインドの製薬会社の中でも最大大手となっています。効果はもちろんシアリスと同じ主成分タダラフィルですので、効果や効能、副作用も同等となっています。

タダシップは体内に浸透する速さが非常にゆったりとしているので、他の成分のED治療薬に比べると副作用が少なく、体への負担も抑えられています。効果が表れるまでの個人差が大きく服用は1時間から4時間ほど見なければいけません。遅い人で4時間ということですので通常であれば1時間ほどで効果を実感することができます。タダラフィルは水やエタノールに対して溶けにくい性質をもっているため、効果の時間が長く24時間から36時間も継続いたします。

他のED治療薬に対しても同じですが、飲んだだけでは勃起いたしません。何かしらの性的な感情や、性的な行為を与えなければいけないのです。タダラフィルはPDE-5阻害薬という分類に分けられており勃起を促す働きがあるためです。タダシップの値段ですが個人輸入の相場によっても異なりますが、20mg1錠400円前後で販売されている為シアリスに比べると非常に安価になります。同じ効果や効能で5分の1の値段で買えるのであれば、タダシップが人気なのも納得です。

タダリフト

タダリフト

タダリフトもシアリスのジェネリックの中で人気の高い医薬品です。その理由はなんといっても大手の製薬会社ファイザー社が開発したジェネリックだからです。ファイザーといえばバイアグラを開発、販売している事でも有名ですよね。その他にもニコチンが含まれていない初めての禁煙補助薬として有名なチャンピックスなども手掛けています。そのファイザー社が開発したシアリスのジェネリック医薬品なので人気の理由も納得です。

もちろんシアリスと同じ成分タダラフィルを主成分としており、効能や効果共に同等となっています。服用後1時間から4時間ほどで効果を感じられるためなるべく余裕をもって服用することを進められています。服用後は効果が24時間から36時間継続いたしますので、時間を気にする心配や服用のタイミングなどの心配もいりません。食事の影響も受けにくいため、パートナーに気を使う事もなく食事を楽しめます。

タダリフトの値段ですが、こちらも販売業者によって異なりますが1錠単価の相場で20mg400円~600円程で販売されています。こちらもシアリスに比べると非常に安価に販売されているので人気となっています。

シアリスは比較的新しい医薬品で主成分であるタダラフィルは実は有効成分の特許は切れていないのです。ジェネリック医薬品を開発にあたり特許が切れた有効成分でした開発できない事になっています。医薬品の特許には成分特許と製法特許があり、インドでは成分特許は認められていないのです。インドでは多数のシアリスジェネリックが開発されており、これには特許の事情が他の国と異なっていうことによって開発や販売は全く問題がないのです。今では少しインドの特許事情も変わってきてはいますが、他の国と特許事情が異なることでジェネリック医薬品が開発できるという事なのです。

ジェネリックが安く購入できる理由

ジェネリックが安く購入できる理由

日本でも最近処方箋薬の中で新薬とジェネリック医薬品(後発薬)選択できるようになりました。さらに病院や薬局などによっては後発薬を推奨しているところもあるのです。実は海外ではジェネリックの浸透率が9割という国もあり、欧米諸国などでは7割となっているのです。

日本では現在まだ5割程度しか浸透しておらず、少子高齢社会であるわが国は莫大な医療費を削減する為にジェネリックに頼らざるえないのです。

ではシアリスのジェネリックをはじめ、なぜ安く購入することができるのでしょうか。その大きな理由は開発コストが非常に安価に済むという事です。ジェネリックが安く変えるのは品質が劣るからではないかと?と思う人も中に入るようです。しかし同じ主成分を使用している為、効能や効果副作用まですべて同等となります。

ジェネリックが安く購入できる理由

後発薬は新薬が長年かけて臨床試験してきたものを踏まえて開発製造されます。それにわたって承認の審査やなどに関して新薬に比べて項目が少なくなっているのです。これにより研究開発費用が極端に新薬に比べて少なく、期間も短いことから薬価が安く設定できるという事になります。

新薬を開発するに当たりかかる費用は300億円以上と言われています。そして開発期間はなんと10年から20年。新薬の値段はこのコスト面の回収などもすべて含まれているという事になります。その点ジェネリック医薬品は開発費用が1億円ほど、開発にかかる期間はなんと3年~5年と比べるとかなり短いのです。

新薬のメーカーからすると、なんだか理不尽な感じがしますが、もちろん特許というものがあり、特許が切れない限りジェネリックは開発することができないのです。しかし1つの国においてこの特許が切れていないものでもジェネリックとして開発することができるのです。その国はインドです。

インドのジェネリック

インドのジェネリック

インドはジェネリック大国と言っても過言ではないほど後発薬が普及されています。実は海外から通販で購入できるジェネリック医薬品のほとんどがインドの製薬会社が開発製造しているものなのです。

インドでは比較的新しい新薬でもジェネリックを開発することができます。これはインドの医薬品に関する特許が他の国とは違うという理由から開発することができるのです。医薬品には成分特許と製造特許というものがあります。インドは製造特許は認められているのですが、成分特許に関しては認めていないのです。これにより製造方法を変えることでジェネリックを製造することができるのです。他の国の製薬会社からすると遺憾に思われるかもしれませんが、実はインドのジェネリック医薬品は発展途上国など貧困の地域でなくてはならないものとなっているのです。

インドのジェネリック

国境なき医師団などが使用している医薬品のほとんどがインドのジェネリック医薬品なのです。少ないお金で大勢の人を助けられることができるため無くてはならないものとなっているのです。実は最近このインドの特許に関する事情が少し変わってきたのですが、それでもインドでのジェネリックの開発は黙認されているのです。世界にとってインドのジェネリック医薬品は認めざるをえないものとなっているのです。

シアリスのジェネリックも日本では高くて購入できず悩んでいたという人にとって、救いの手となりました。同じ効能や効果でかなり安くさらに家にいながら購入できるのであれば第一選択となるのは理解ができます。もちろん、処方箋薬ですので病院で診断し処方してもらうのが一番の方法です。医薬品の個人輸入はすべて自己責任となるので、服用方法や副作用禁忌な薬なども自分で理解する必要があります。シアリスのジェネリックを使用する時は必ず用法用量を守り、心配な場合は医師に相談してください。